農業サポーター制度 (daywork)


農業サボーター制度の目的
 @お手伝いをする方(サボーター)の都合を優先し、多様な働き方を可能にする。
 A地域の農業を支えるとの思いで広くサポーターを募る。
 Bサポーター、農業者は会員登録を行い、情報交換は、パソコンなどを介して行う。



2017年9月
システム開発に着手
↓
2018年3月
深川市内の協力者によるテスト試行

農業サポーター制度 マッチングツール(このツールを使用するには、事前登録が必要です。)
ここをアクセス(https://dayworks.jp/hamc)
↓
2018年4月
(株)鎌倉インダストリーズが独自で進めていたシステム(daywork)と方向性が同じことから一本化して製造費の一部を負担。
↓
2019年4月
スマートフォンの機能アップ
↓
機能アップを繰り返し、現在に至る。

詳しい内容は、
https://day.work/





導入機関 (2020年11月現在)



▲ページトップに戻る